GLIDERIDE  Inc., MOTO−1/MOTO−2/モタードレースユーザー向け DR−Z400SM<DRZ400/S/SM>サスペンションセットアップメニュー/オーバーホールもOK

コンペティション モタードレースに出場している方、ワンランク上の走りを目指す方に!
トップ > モタードパーツ&サービス > DR−Z400SM用 > コンペティション
DRZ400SMモタードレース MOTO−1オールスターシリーズのMOTO−2クラス参戦マシンでの2年近くに及ぶテストやエリアライダーの協力を得てようやく納得のいくセットアップが出来ました。

07年のオールスターシリーズではグライドライドレーシング吉田選手のライディングによりレーシングマシンの中ランキング上位をキープ。
(DRZ400SMとしてはもちろん最上位)

DRZ400SMモタードレース

また、オールスターシリーズにはスポット参戦の古田選手はターマックの基準タイムの目安としている猪名川サーキットで、フサベルFS650eでマークしたベストラップから0.9秒落ちの49.2秒をコンスタントにマークするなどトップレベルのライダーの走りにも充分対応できる仕上がりなっています。

DRZ400SMモタードレース

ですが、決してレベルの高い走りにのみ対応させるピンポイントなセットアップではなく、あくまでも一般的なスポーツユーザーがスッと乗っても取り付きやすい、しっかりと動くサスペンションになっています。

また、ダート走行においても全日本レベルのコースを含むテストを繰り返し行い、一般的なモタードコースには必要充分な走破性を確保しています。



ノーマルタイヤで一般道を気持ちよく走らせるレベルであればほとんど変更の必要がないくらいバランスのいいDRZ400SMはですが、ハイグリップのSPタイヤやスリックタイヤを履いて攻め込むと意外と早くサスがブレークしてしまうような感覚を持っている方も結構多いと思います。

また、ノーマルでは1Gでの車体姿勢を平均的なバランスにあわせると、どちらかと言えばリアの方が動きが大きく先にブレークする傾向が強いようです。
※もちろんイメージはライダーによって変わります。あくまでも私自身と周りのライダーのイメージを総合した結果です。(当然、私の周りには逆のイメージを持ったライダーもいます。)



基本的にはレースやサーキット走行でのレベルアップを目指すライダーのために設定したセットアップなので<コンペティション>というネーミングになっていますが、スポーツライディングを愉しむかなりの範囲のライダーの皆様に満足して頂ける仕上がりになっていると思います。

DRZ400SMのノーマルサスが物足りなくなってきたら、ぜひこのセットアップを試してみて下さい。
市販車であるDRZ400SMで、オールスターの上位でレーサーを相手に戦えるハイレベルな戦闘力と、イベントレースやエリア選手権のM−2クラスなどでレースを愉しむライダーにとっても充分な乗りやすさをあわせ持ったバランスの取れたレーシングセットアップです。
※オイル・部品・脱着・組付加工作業費をすべて含めた価格です。
遠方の方や、部品の脱着がご自分で出来る方は、宅急便(発払い)にてフロントフォーク及びリアショック単体を当社まで送って頂くか、当社までお持ち込み頂けば、下記金額にてメニュー通りセットアップさせて頂きます。
※リンクプレートはご自分で交換願います。
※当社までの送料はお客様負担となります。
※代引きで返送の場合、代引き手数料¥300が別途必要です。
■注文数

この郵送サービスは¥30000以上なので、全国どこでも当社から返送料は無料となります。
※銀行振込ご希望の場合、作業完了時に金額をご案内、入金確認後、作業完了部品の発送となります。
■ハイグリップなタイヤで攻めこんだときにサスのブレーク感がある。
■モタードレースでもう少し上位を狙える足回りにしたい。
■ノーマルサスでタイムが伸び悩んでいる。
サーキットやレースでの走りのレベルアップを目的にしていますが、ハイレベルな走りにピンポイントに合わせるのではなく、一般的なスポーツライディングにおいても充分に乗りやすい、充分によく動くサスペンションになっています。
レートアップにより動的な重心位置が高くならないよう全体としては10数ミリ車高をダウン。※足付きはノーマルとほぼ同じ。
リアのレートを比較的高めに設定、ショック本体のストロークカットとG-Rodの組み合わせで、高荷重なコーナーでの立ち上がりでリアが入りすぎるのを抑えつつ、1Gではノーマルより後ろ下がりに、動的にはーマルと同じ位から若干フロントが入るイメージにしています。
ノーマルでも若干不足気味だと思われる速度域のダンピング特性をレートが若干高くなったスプリングに合わせて変更しています。
フロントフォークの突き出しはマイナス6mm〜+15mmに対応。
リアショックの推奨イニシャル量も8〜10mmとほぼ平均的な数値。
リアアクスルの基本位置はG−Rodのプレートサイズ変更<1サイズ/¥6820>により12mm単位で調整可。
ダンパー調整などの推奨値も5〜12クリックと強弱どちらにも振れる設定にするなど、ライダーに合わせた推奨値からの変更の自由度も充分に確保しています。
グライドライドWEBショップバナー
グライドライドオンラインショップバナー
買物カゴの中身の確認、精算、ご注文はコチラから。
スペースご利用ガイド  サンカク
ご利用ガイド 
送料・発送について
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
スペース問い合わせフォーム サンカク
お問い合わせはコチラから ご購入に関する
ご質問等は
こちらのフォーム
からお気軽に。
スペースEメール サンカク
フォームがご利用できない場合は下記アドレスまで
グライドライドメールアドレス
スペースTEL/FAX サンカク
お電話でのお問い合わせもお受けしております。
※ご注文はオンラインショップ又はFAXにてお願いいたします。
FAX番号 072-278-5140
グライドライド電話番号
Copyright(C) GLIDERIDE Inc., All Rights Reserved