GLIDERIDE  Inc., グライドライドおすすめタイヤ サーキット最速!ピレリのスーパースポーツタイヤDIABLOSUPERCORSA<ディアブロスーパーコルサV2>

ディアブロスーパーコルサ ピレリのサーキット最速スーパースポーツタイヤのご案内
トップ > モタードパーツ&サービス > その他/汎用 > ディアブロスーパーコルサV2

Dトラッカー/250SB/WR250X/DR−Z400SM/ハスクバーナSM250Rなどの市販車でモタードエリア選手権の市販タイヤクラスに出場されている方や、車種に関わらずMotaGPなどのモタードレースに出場している皆様にグライドライドが自信を持っておすすめするタイヤがコレ!

上記250クラス国産市販車に多いフロント3.00/リア4.00幅のノーマルリムにはここで推奨するサイズは適合しないのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、グライドライドでは多くのユーザーの皆様のご協力を得て、上記全車種に、この若干オーバーサイズのタイヤを装着して実際に走行してみた結果、どの車種でもフロント120/リア150の組み合わせで素晴らしいハンドリングを得ることを確認出来たため、このサイズでの組み合わせを推奨しています。

適合リムよりもオーバーサイズの方がハンドリングがよくなる理由としては、リアに最小幅150であるタイヤを4.00幅のリムに装着する関係上フロントに本来の推奨幅である110/70を装着した場合切れ込み傾向が強すぎるため、オーバーサイズの120/70方が前後バランスが良いということもあるようですが、どうもそれだけではなく、若干オーバーサイズで使用し実質的な剛性を落とすことで、モタード車特有の柔らかいサスペンションや車体でもタイヤを潰しやすくマイルドで安心感のある適度なグリップ感を得ることが出来ているのではないかと思われます。

逆に国産市販車のフロントに3.5インチ幅のリムを組んだ場合、ダイレクト感は出るものの、チャタリングが出やすい傾向となることもあり、また、セッティングもシビアな方向になることが多く、あまりメリットを感じないため、当社キットなども基本的にフロント3.0インチ幅に合わせてセッティングをしています。

ちなみに、ノーマルでフロント3.50/リア4.50の標準適合幅であるDR−Z400SMの場合、、ノーマルサスペンションのままでもほとんど場合タイムアップできると思いますが、サスペンション側がブレイクしてしまう傾向が強いようなのでタイヤ本来の性能を引き出すためにも、出来ればこのタイヤを装着する場合、当社サービスメニューコンペティション等サスペンションのセット変更もオススメ致します。

ハスクバーナの場合、フロントは3.5幅ですが、レーシングスリックタイヤを前提とした車体設計でフレーム等で上手に応力を逃がしているのか、そのまま履いても、マイルドで安心感のあるハンドリングを確保できるため、あえて3.0幅に落とす必要はありません。

※上記内容はすべてのタイヤにいえる事ではなく、あくまでもディアブロスーパーコルサについて実際に試した結果としてコース走行においてオススメするもので、他銘柄のタイヤではオーバーサイズを装着すると問題が発生することもありますのでご注意下さい。

※Dトラッカー/250SBの03モデル以前のリア(3.50幅)には使用不可出来ませんので、RKの4.25ワイドリム等への交換をオススメ致します。

Dトラッカー/250SB/DR−Z400SM/WR250X/ハスクバーナSM250Rなどの市販車やCRF150Rのモタード仕様車でモタードエリア選手権の市販タイヤクラスに出場している方や、車種を問わずイベントレース等に出場している皆様にグライドライドが自信を持っておすすめするタイヤです。
※写真はイメージです。ホイール等は付属致しません。
■Dトラッカー/250SB・WR250X・DR-Z400SMのノーマルサイズフロントリムに
■CRF150Rモタード仕様車のリア(3.5幅)用等に逆履きで

■サイズ/コンパウンド ■個数
■Dトラッカー/250SB・WR250X・DR-Z400SMのリア(4.0〜4.5幅)用に

■サイズ/コンパウンド ■個数
■ハスクバーナSMRシリーズ各車やエンジンチューンを施しDR-Z400SM等ハイパワーモタード車で、リアを5インチリムに変更している方にオススメのサイズです。
■サイズ/コンパウンド ■個数

下記のような旧モデルの良い面はそのままに、グリップ力、耐久性共に、はっきりと体感できるレベルでアップ!
他銘柄を更に引き離した圧倒的強さに仕上がっています。
なんと言っても一番のポイントは絶対グリップの高さ。
ほぼスリックと言ってもいいレベル。感覚的には数年前の設計の古いスリックタイヤより良いと思います。
絶対グリップが高いだけではなく滑り出しも穏やかでスライド時やアクセル開けはじめのコントロール等が非常にしやすいのも特徴です。
最初の数周のおいしいトコロを使った後のグリップ落ちが非常に少ないのも特徴。見た目で変形したのがわかるあたりまで、レースで充分に使用できるレベルのグリップを保ちます。
SPタイヤでもスリック並に冷間時グリップが極端に低いものが多いのですが、このディアブロスーパーコルサはSC1・2共に冷間時でも普通のグリップ感を保ってくれるため、たとえばウォーマー禁止のイベントレースなどでも問題ないレベルで使用できます。
適合リム幅より若干細めのリムに組んでも変形があまりなく、国産市販車ベースの場合、むしろ、その方がフィットするイメージです。
※リア3.5インチ幅は除く
逆に適合幅のリムに装着する場合、それに合わせたセッティング変更をおすすめします。

■当社Dトラッカー/250SBセットアップパーツ&メニューはすべてフロント3.0/リア4.00or4.25を前提にセットしています。
DR−Z400Mセットアップ“コンペティション”もフロント3.5/リア4.50の適合幅であるノーマルリムに合わせたセットになっています。
お買い上げの金額が¥30000以上の場合送料がサービスになりますので、ぜひ前後セット又は他の商品と合わせてご注文下さい。
グライドライドWEBショップバナー
グライドライドオンラインショップバナー
買物カゴの中身の確認、精算、ご注文はコチラから。
スペースご利用ガイド  サンカク
ご利用ガイド 
送料・発送について
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
スペース問い合わせフォーム サンカク
お問い合わせはコチラから ご購入に関する
ご質問等は
こちらのフォーム
からお気軽に。
スペースEメール サンカク
フォームがご利用できない場合は下記アドレスまで
グライドライドメールアドレス
スペースTEL/FAX サンカク
お電話でのお問い合わせもお受けしております。
※ご注文はオンラインショップ又はFAXにてお願いいたします。
FAX番号 072-278-5140
グライドライド電話番号

Copyright(C) GLIDERIDE Inc., All Rights Reserved