GLIDERIDE  Inc., オリジナルカスタムパーツ Dトラッカー<D−TRACKER>/250SB用サスペンションローダウン&セットアップキット・スポーティローキットのご案内

スポーティローキット ローダウンタイプ、サスペンションセットセットアップキットのご案内
トップ > モタードパーツ&サービス > Dトラッカー/X・250SB用 > スポーティローキット
250SB/D-Tracker用サスペンションセットアップキットファンキーグライドキットロー 数多くのユーザーの皆様から抜群の評価を頂いている“ファンキーグライドキット”

そのしっとりしなやかな動きはそのままに、“足付性を向上”し“切り返しを早く”するため、車高を全体的に約30mmダウン(ノーマル比)させたのが、この『スポーティローキット』

これまで足付を良くするためには単にリアのリンクプレートだけでローダウンするのが主流でした確かに安く足付だけはよくなるのですが、それではどうしても車体のバランスが悪くハンドリングなど乗り味は大変悪いものになってしまいます。
 また、Dトラッカー/250SBのサスペンションはもともとが柔らかいためノーマルのままでそのまま前後ローダウンすると、ちょっとペースが上がるとすぐにステップが擦ってしまうなど、いろいろ問題も発生します。

今回発売する、このキットはそんな問題点をすべて解決!
車体を全体的に約30mmダウンするとともに、ノーマルよりもしっとりとしなやかでハイレベルな走りに応えてくれるサスペンションに変身します。



250SB/D-Tracker用サスペンションセットアップキットファンキーグライドキットロー

このキットのツボは
このGLIDERIDEオリジナル
“ハンドルアップライザー”
ハンドルを15mmアップしフォーク突き出し量を増やすことで車高をダウンさせます。


ローダウンの効果は足付きがよくなるのはもちろん、切り返しが連続する狭いターマックコースなどでは、重心が低くなるため切り返しが早くなったり、タイヤとの距離感が近いため、グリップのフィーリングが掴みやすいなど、ライディングスタイルにもよりますが、ターマックを速く走りたい人や、コースでのタイムアップを目指す人にも効果が期待できます。
 もちろん、ダート走行にも対応、車高が低くなるので、大きなジャンプの着地などフルボトム時や路面の凸凹が大きい場合にフレームアンダーパイプやステップがヒットしやすくなったりしますので、コースによっては注意が必要ですが、フラットな林道など一般的なダート走行では通常のファンキーグライドキットとほとんど同じように問題なく走行出来ます。


■組み合わせ変更OK!
下記のパーツに付いては、価格変更無しで組み合わせの変更が可能です。

■モタードフォークスプリング
□0.48k<標準>
□0.52k
※各1本ずつの場合¥1050プラス

■モタードショックスプリング
□7.4k/マットブラック<標準>
□6.8k/マットブラック

■G−Rod
□18mm
□27mm
□36mm<標準>
この他のサイズにも変更できますが推奨は致しません。


どちらかといえばロータイプの標準設定は1Gで安定傾向の姿勢になっています。
ジムカーナ的なライディングをする場合や、ヒラヒラした軽快感がほしい方はG−Rodを27mmに変更した方がよりイメージに近い走りになるかも知れません。
Dトラッカー/250SBをしっとりとしなやかな足回りに変身。
同時に車体を全体的に約30mmダウンさせ、足付性も向上するキットです。
<Dトラッカー/250SB全年式用> ※DトラッカーX装着不可
※各パーツの単品販売もしております。詳しくは上の各リンクから。
※仕様は予告なく変更する場合があります。
■下記のパーツは組み合わせ変更可能です。ご希望の方は下記から選んで下さい。
 モタードフォークスプリング
 モタードショックスプリング
 車高調整リンクプレートG-Rod

■注文数
■足付きも良くしたいけどサスペンションもしっかりさせたい。
■ノーマルサスペンションが頼りなくていまいち愉しく走れない。
■特にターマックがメインのコースでのレースや走行会で速く走れるマシンにしたい。
■自分の乗り方にあわせたサスペンションセッティングをしたい。
■ドリフトを使いやすいサスペンションにしたい。
リアサスペンションの取り外しとフロントフォークの分解をできる工具と知識があれば一切の加工無しで組み付けが出来ます。
数多くのユーザーからの直接得た情報をベースにセットアップを行っていますので、開発コストを抑えながらも、幅広いユーザーの皆様にご満足頂ける仕上がりになっています。
レートの違う前後スプリングや5サイズの車高調整リンクなど、標準キットをベースにそれぞれの走りに合わせたベストなセットアップをするためのバリエーションが豊富に揃っています。
ダートでの走行もモトクロスコースや林道など様々な条件で実走テストを行い、気持ちよく走れる様に仕上げています。
※スタンダードより走破性は若干落ちますが、モトクロスコースや林道など様々な条件のダートで実走テストを行い、気持ちよく走れる様に仕上げています。
切り返しの多いカートコースなどでは、重心が低くなった分素早い切り返しが可能です。
リアサスペンションの取り外しとフロントフォークを分解できる工具一式が必要です。
また、専用工具がなくても組み付けが出来る説明書を付属していますが、実際の組み付けにあたっては最低限リアサスペンションの取り外しとフロントフォークの分解組み立てが出来るだけの整備知識と技術が必要です。
リンクプレートで車高調整をするとリア周りの挙動が悪くなるというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、リンクプレートだけを変えた場合だと全体とのバランスが狂い乗り難くなることはよくあるので、そのせいで悪いイメージを持っている方が多いようです。
しかし、当社でレース用250SBの車高をリンクプレートで行う際は全体とのバランスをとりながらプレートの変更をしており、ライダーはリアの挙動にまったく問題を感じておりません。つまり大事なことは全体とのマッチングの中での使い方であって、リンクプレートの長さを変えること自体に問題があるわけではありません。もちろんこのキットでは36mmダウンのプレートでもっともバランスの取れた設定になっておりますので安心してお買い求め下さい。
サーキット走行等でサスペンションの性能を、100%発揮させるためにタイヤの選択は重要なポイントです。
もちろんどんな銘柄のタイヤでもノーマルの状態よりははるかにいい状態で走れますが、GLIDERIDEとしては、ピレリのディアブロスーパーコルサV2がこのキットにベストなマッチングだと考えておりますので、新品タイヤを購入される際はぜひお試し下さい。

■推奨タイヤ <4.00又は4.25リムの場合>
ディアブロスーパーコルサV2
□フロント 120/70ZR17
□リア    150/60ZR17 

03以前のノーマルリム<3.50の場合>
ダンロップ/GPR70SP IRC/RX−01SPECRなどのハイグリップタイヤで
□フロント 110/70R17 又は120/70R17
□リア   140/60R17 又は140/70R17 を推奨
グライドライドWEBショップバナー
グライドライドオンラインショップバナー
買物カゴの中身の確認、精算、ご注文はコチラから。
スペースご利用ガイド  サンカク
ご利用ガイド 
送料・発送について
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
スペース問い合わせフォーム サンカク
お問い合わせはコチラから ご購入に関する
ご質問等は
こちらのフォーム
からお気軽に。
スペースEメール サンカク
フォームがご利用できない場合は下記アドレスまで
グライドライドメールアドレス
スペースTEL/FAX サンカク
お電話でのお問い合わせもお受けしております。
※ご注文はオンラインショップ又はFAXにてお願いいたします。
FAX番号 072-278-5140
グライドライド電話番号
Copyright(C) GLIDERIDE Inc., All Rights Reserved